密着の話(金属)

UVインクジェット印刷では、金属に印刷することもあります。

金属はその種類を問わず、そのままではまず密着しません。

そこで登場するのが、表面処理やプライマーです。

弊社では、表面処理をする場合は、フレイム処理という方法を用います。

これは、特殊なガスの炎を金属表面に吹き付け、表面の濡れ性(密着のしやすさ)を変化させるというものです。

これと、インクジェット機のプライマーを組み合わせると、かなり良い密着性能が得られます。

それとは別の方法として、金属表面にエアガンで特殊なプライマーを塗布するとい物もあります。

UVインクジェットのインクと相性の良いプライマーを塗布し、これを焼き付けると、高い密着性能が得られます。

いずれの場合も、先日このブログに書いたクロスカットテストに耐える密着性能です。

その他、金属の表面に細かな網点のエッチングをかけて凸凹にし、密着性能を上げるという方法もあります。

(ただし、これは弊社では試してみたことがありません。)

簡単に書きましたが、それぞれの方法に色々な条件があり、UVインクジェット機のインクの種類やインクジェット機の機種によっても得られる密着性能は変わってくるので、なかなか一筋縄ではいきません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。