ガラスにプリント

UVインクジェットプリントでは、様々な素材の物、様々な形の物に印刷できるのですが、その中の一つにガラスがあります。

ただし、印刷前に何も処理しないとガラスとインクが密着せずに、爪でこするだけでボロボロとはがれてしまいます。

これでは製品としては不可となってしまいます。

そこで、フレーム処理という前処理を行うことにより、ガラスとインクの密着性を上げることができるのです。

これとUVインクジェット機に搭載しているプライマーインクとの組み合わせで、しっかりインクを密着させることができます。

こうして印刷したインクは、シンナー等の溶剤に漬けたりしない限り、多少のことではびくともしません。

写真は、ガラス製のカボションに印刷したサンプルです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA