色合わせ

インクジェット印刷の仕事をしていると、見本品物やカラーチップに色を合わせて印刷してほしいと言う依頼が時々あります。

インクジェット機に送るデータはCMYKの4色のパーセンテージであらわされるので、見た目の色から、その値を作り出さないといけません。

とりあえず見た目から経験と勘で数値を決め、それを印刷してみて元の見本と比較し、CMYKの値を修整しての繰り返しの作業になります。

見本と全く一緒とはなかなか行きませんが、そのうち近い色は出せる様になります。

ただ、そもそも材料の質感が違ったり、インクジェット機ではどうやっても再現できない色域の見本であったりすることもあるので、なかなか悩ましい作業になることが多くあります。

以前、色を測る機械の導入を考えたのですが、あまりその頻度が無いので、見送っていました。

この機械に見本の色を読ませると、色を値として示してくれるのです。

そのままその値で印刷しても、全く同じ色にはなりませんが、おおよその傾向がつかめるので、最初の部分の作業を効率よく進めることができます。

そろそろ中古でも良いので買った方がいいかとも思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA