透明タックシールに印刷

シールといえば白の材料が一般的ですが、シール材料にも色々あります。

透明な物、銀地でピカピカな物、消し銀と言ってラミネートをすると銀色になる物、黒色の物などなど。

その素材も、塩ビやPET等、様々です。

一般的な白の材料のシール印刷であれば、多くはロールの材料にそのままインクジェット印刷できるインクジェット機で印刷するのですが、一般的な材料ではない場合、シート状に断裁した材料をメーカーから仕入れ、それに印刷する場合がほとんどです。

その時は、ロール材料に印刷できるインクジェット機ではなく、弊社が持っている様なフラッドベッドのインクジェット機で印刷します。

フラッドベッドであれば、台に置ける材料であれば、何でも印刷できるので、特殊な材料に向いているのです。

弊社のUVインクジェット機で印刷した後、ラミネーターでラミネートし、必要であればプロッターで形状カットやハーフカット、裏スリットのカットをします。もちろん、形状が角Rの無い長方形で、

生産するロット数が少ない場合は、カッターナイフでカットすることもあります。

このようにして、特殊なシール素材であっても、普通のシール素材と同様にシールを作成することができるのです。

写真は、弊社でよくシール印刷に使うUVインクジェット機です。

中央に見える台の上に材料を置いて印刷します。

印刷範囲は、約710mm×510mmです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA