近所に営業

弊社は現在、樹脂やUV金属、ガラスといった材料に直接UVインクジェット機で印刷することを営業の柱にしようと取り組んでいます。

そこで、近隣の事業所でそういった需要がないか調べるために、片っ端から飛び込み営業をしようということになりました。

で、先週から1週間で10件を目標に回り始めたのですが、予想通りそんなに甘くはなく、今のところ成果はゼロです。

(ただし、1件は興味を持ってくれて、今後もニュースサンプルをお配りすることになりました。)

ただ、今までの経験で「こんなところにこんな需要があったのか!」と言うようなことも何度かあったので、とりあえずは続けてみるつもりです。
近隣でのお仕事は、デリバリーの面で非常に有利です。

もしかしたらそんな需要を知らず知らずのうちに取りこぼしているかもしれません。

そういうことは無い、とわかるだけでも意味はあると思うのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA