近くにあったオフセット印刷屋さん

昨日も近隣の事業所さんに飛び込み営業に一時間ほど回ってきたのですが、その中に小規模のオフセット印刷屋さんがありました。

玄関の引き戸を開けるとすぐに稼働中のオフセット印刷機が目に入ってきました。

職人さん(?)が応対してくれたのですが、社長が不在とのことで、サンプルと名刺を渡しておきました。

そのまま会社に戻ったのですが、会社に戻るまでの15分ぐらいの間に、その会社の社長さんから電話があり、現在色々な事に挑戦中で、UVのインクジェットも考えていたとのこと。

今すぐ設備を導入するつもりはないけれど、最初は外注を使って営業したいので、外注先としてやってほしいと考えている旨を伝えられてきました。

メールも来ていたので、早速やりとりし、挨拶も兼ねて今日、再度訪問させていただくことになりました。

そして具体的な案件もお持ちで、とりあえず見積のご依頼も頂きました。

やっぱり戸を叩いてみないとわからないものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA