マシントラブルとメンテナンス契約

先日、一台のUVインクジェット機がうんともすんとも言わなくなりました。

当然、その日にやるべき仕事があったので、すぐにメンテナンスサービスに連絡しました。

午前11時頃の連絡だったのですが、14時すぎにはサービスマンが到着し、早速修理に取り掛かってくれました。

原因はある個所のシールゴムの破損によってバルブが故障したことによるもので、それらの部品の交換によって、2時間後には、復旧してもらうことができました。

(ついでに不調だったヘッドの交換もやってくれました。)

仕事の予定は数時間遅れてしまいましたが、復旧後に段取りを調整して、納期遅れを出すことはありませんでした。

UVインクジェット機に関わらず、主要な機械装置は修理のあるなしに関わらず、契約料を払ってメーカー(あるいは代理店)と年間のメンテナンス契約を結んでいます。

メンテナンス契約料はそれなりの金額なのですが、このような時にはその必要性を実感します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA