タック紙の印刷

裏面に糊と離型紙のついているタック紙には色んな種類の物があります。

一般的なターポリンや塩ビ素材の物、PET素材の物、色も銀色、金色、黒色、白、透明、表面の質感もマット調の物やツヤ有りの物等。

それに加えて厚みも様々です。

インクジェット印刷では、タック紙はロールタイプの材料を使用し、溶剤系のインクジェット機で印刷するのが一般的です。

ただし、この場合は、使用できる材料に制限があります。

ロールタイプの材料は、大量に安価に印刷できますが、少量で特殊な材料には対応できないのです。

そこで、弊社が持っている様なフラッドベッドタイプのインクジェット機が必要とされます。

フラッドベッドタイプのインクジェット機には、シート状の材料をそのまま機械の台の置いて印刷することができるので、シートにカットされた状態で材料を供給していただければ、材料の種類に関係なくそのまま印刷できます。

ですから、他の印刷方法(シルクスクリーン印刷やオフセット印刷等)で使っている材料を、そのままインクジェット印刷に流用できるのです。

(もちろん、そこでは密着等の問題があるので、全てが可能というわけではありません。)

これは何もタック紙に限ったことではなくフラッドベッドであれば、インクジェット機の台にさえ乗せることができれば、とりあえずは印刷することができるのです。

こんなところも、フラッドベッドタイプのインクジェット機の利点です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA